スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
星の降らない夜 
2012-07-12 Thu 14:21
星の降らない夜の歌詞となります。



1  届かないとわかってたのに

  手を伸ばさずにはいられないや
 
  こんなにきれいな星空の下
 
  眠れないからまた目を閉じる



  
  真っ暗なのに 眩しい

  寒いだけど 温かい

  なんだか 少し腹が立つ
 
  胸が苦しく もどかしいから



  言葉で伝えるのって とても難しいんだ
  
  ゛好き ゛じゃ足りない気がするから

   疲れた顔で夜空 見上げたら輝いて

   「キレイだね」って思えたんだよ



2 また凝りもせず 見上げるんだ
 
  白くて淡い 無限の光


  
  笑ったり 拗ねたり 怒ったり

  ささいな動きそのすべて

  夜に吐き出す言葉が

  星の光を あらわしてる



  名前はまだないと知って 余計なコトばっか知って

  遠回りしてるわけだ 足元見ないで求めて崩れてった

  大事なものはなんだったけな



  1サビ繰り返し





スポンサーサイト
別窓 | つくった曲 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| Variou*s |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。